WordPressと無料ブログを徹底比較!絶対的にWordPressを薦める理由

WordPressと無料ブログを徹底比較!絶対的にWordPressを薦める理由 WordPress

私たちは知らず知らずのうちに、よく見るサイトとそうでないサイトを分けてしまっています。
それはサイトの見栄え・見え方が大きく関係していて、人は無意識に「見栄えが良く、記事が読みやすい」サイトを選ぶ傾向にあります。

だとしたら、単純に見栄えが良く、綺麗で整ったサイトを作った方がいいに決まってますよね。

そこで活躍するのが「WordPress(ワードプレス)」です。
WordPressはWEBサイトを見栄え良く構成してくれるブログシステムのソフトウェアです。

WordPressでは、さまざまなデザインテンプレートや拡張機能を使ってサイトをカスタマイズすることができ、WEBデザインの知識を持っていなくても、半日程度あればオリジナルのブログを作成することができます。

一方、このWordPressとよく比較されるのが、はてなブログ・Livedoor Blog・アメーバブログなどの「無料ブログ」です。

ブログを始めようとする誰もが、「WordPress」と「無料ブログ」どちらで運用すべきか?ということを一度は考えると思います。

もしあなたが、ただの趣味ではなく、本気でブログを使ってアフィリエイトやWEB集客を成功させたいと考えているのなら、答えは断然WordPressです。

今回は、コスト面や運用の手間などさまざまなポイントで「WordPress」と「無料ブログ」を比較しながら、WordPressを使用すべき理由を解説していこうと思います。

これからブログを始めようと思っている方の参考になれば幸いです。
 

WordPressと無料ブログ 比較早見表

まずは、以下の表にザッと目を通していただければと思います。
これは、「WordPress」と「無料ブログ」をコスト面・運用の手間・カスタム性・集客面・収益性・リスクのそれぞれのポイントで比較した一覧表です。

項目WordPress無料ブログ
コスト面[△]ドメイン+サーバー費用[〇]無料(有料プランもあり)
手間[△]ブログ開設まで多少手間がかかる[〇]簡単。すぐに始められる
カスタム性[〇]自由にカスタマイズ可能[△]多少は変更可能。ブログサービス側の広告が表示される
集客面短期→[×]開設初期はゼロからのスタート
長期→[〇]強い
短期→[〇]強い。開設初期はメリットが多い
長期→[△]長期的だとメリットが減る
収益性[〇]広告収入は全て自分のもの[×]ブログサービス側の広告が邪魔
リスク[〇]ほとんど無し[×]ブログが削除される可能性あり

〇…有利、△…やや不利、×…不利
※ちなみに、これは僕の個人的な評価です。
 
この表の内容に沿って解説していきたいと思います。
 

スポンサーリンク

コスト面

「WordPress」と「無料ブログ」どちらにすべきか?ということを考えるとき、必ず上がってくるポイントがコストの違いです。

WordPressの方がコストがかかる

WordPressは、基本的に独自ドメインを自分で取得し、サーバーも有料でレンタルしなければいけません。
ドメイン+サーバーの費用で、最低でも年間4,000円以内でしょうか。

一方、「はてなブログ」「Livedoor Blog」「FC2ブログ」「アメーバブログ(アメブロ)」などの各種ブログサービスが提供している無料ブログでは、無料プランを選べばその名の通り0円でブログを運営できます。ドメインやサーバー費用もかかりません。
これは、無料ブログを運営するうえでの一つの大きなメリットです。

この時点で、コスト面ではWordPressの方がやや劣ることになります。

必ずしも無料ブログがお得とは言えない

「ドメイン取得とかサーバー契約もよくわからないし、無料ブログでサクッと始めちゃおう!」なんて方もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

もちろん発生するコストはWordPressの方が多いのですが、だからといって必ずしも無料ブログがお得とは限りません。
というのも、もし無料ブログで本格的にお金を稼ごうとするのなら、多くの場合は途中で「有料プラン」に切り替えざるを得なくなるからです。

ほとんどの無料ブログでは、一番効果が高いとされるポジションに、ブログサービス側の広告が埋め込まれています。
そのため、広告料金で稼ぐブログを作ろうとした場合は不利になってしまいます。(後述します)
このブログサービス側の広告を消すために、「有料プラン」に切り替える必要があるのです。

うちだ
うちだ
有料プランに変更しても、完全にサービス側の広告を消せないブログサービスもあります。
うちだ
うちだ
広告を消すために、毎月一定のコストがかかってしまうということですね。

 
無料ブログで運用を検討されている方は、以下の表も参考にしてみてください。

ブログ独自ドメイン広告アフィリエイト
はてなブログ有料有料で非表示可能
Livedoor Blog有料表示可能
FC2ブログ有料有料で非表示可能
アメーバブログ不可有料で非表示一部可

 
こうなると、コスト的にはWordPressも無料ブログもあまり変わらなくなり、場合によっては無料ブログの方がWordPressよりもお金がかかることだってあります。
たとえWordPressの方が少し費用がかかっても、収益性を考えれば、その差は簡単にひっくり返せます。

このことからも、本気でブログで稼ぎたいと思っているのであれば、多少のコストは気にせず、収益性の高いWordPressでのブログ運営をオススメします。

運用の手間

次は、ブログを運用する際の手間を比較してみましょう。

無料ブログはほとんど手間がかからない

無料ブログの魅力は、何と言ってもその手軽さ。
開設にも運用にもほとんど手間がかからず、全く知識のない初心者でもすぐにブログ記事を書き始めることができます。

うちだ
うちだ
メールアドレスを登録するだけで、専用ブログが手に入ったります。

WordPressも大して手間はかからない

一方、WordPressは、はじめに自分で「独自ドメイン」を取得し、「レンタルサーバー」を契約、WordPressをインストールするなどの作業をしなければいけません。
「ドメイン」「サーバー」「インストール」と聞くと、難しく感じてしまう方もいるかもしれませんが、実はこれはそこまで大変な作業ではありません。

これらのやり方はネット上に情報が溢れかえっていますので、それを参考に作業を進めれば数時間でブログを始めることができます。

また、最近では多くのレンタルサーバーで、WordPressの「簡単インストール機能」などが用意されているのでWordPressブログも格段に始めやすくなっています。

うちだ
うちだ
みなさんが感じているよりずっとハードルは低いですよ。




 
ブログを開設してしまえば、記事更新にかかる手間や時間はWordPressも無料ブログも変わりません。

WordPressの投稿画面は無料ブログと同じような感じです。
文字を装飾したり、表(テーブル)を作ったりするのも簡単にできます。

WordPressの投稿画面

WordPressの投稿画面。
文字を装飾したり、表を作ったりするのも簡単にできます。


 

スポンサーリンク

カスタム性

ブログカスタマイズの自由度(カスタム性)を見ていきましょう。

カスタム性はWordPressが圧勝

カスタム性に関しては、圧倒的にWordPressが優れています。
WordPressには、さまざまなテーマ(デザインテンプレート)が存在しており、デザインの切り替えも簡単。
多少のHTML・CSSの知識があればカスタマイズも自由自在です。

WordPress テーマインストール画面

WordPressはテーマ(デザインテンプレート)が非常に豊富。


 
HTML・CSSの知識がない方でも、メニューの設定だけでサイトロゴやヘッダー画像、全体の配色や背景画像などが変更できるテーマもあります。

WordPress テーマカスタマイザー

WordPressのテーマカスタマイザー


 
また、以下のようなプラグイン(拡張機能)を導入することで、さらにオリジナル性の高いブログを作ることができます。

  • ほぼ完璧にサイト全体のSEO(検索エンジン最適化)対策ができる機能(All in One SEO Pack)
  • サイト統計情報をはじめ、さまざまな便利機能を利用できる(Jetpack by WordPress.com)
  • 公開した記事が、ほぼリアルタイムにインデックスされる機能(PubSubHubbub)
  • コンテンツ内にSNSのボタンを設置する機能(WP Social Bookmarking Light)
  • お問い合わせフォームを設置する機能(Contact Form 7)
  • 画像ファイルを自動的に圧縮する機能(EWWW Image Optimizer)
  • サイトの表示速度を上げる機能(Lazy Load)
  • サイト全体の目次(サイトマップ)を作成する機能(PS Auto Sitemap)
  • 記事下に関連記事を表示させる機能(WordPress Related Posts)
  • 各記事に目次を作成する機能(Table of Contents Plus)
  • 人気記事のランキングを作る機能(WordPress Popular Posts)
  • サイトのバックアップを自動で行う機能(BackWPup)
  • 記事内のリンク切れを自動で発見し通知する機能(Broken linke checker)
  • スパムコメントを判別し自動的に削除する機能(Akismet)

 

うちだ
うちだ
プラグインはスマホアプリのようなものだと思ってもらってOKです。

 
無料ブログでこのような機能を実装しようとするとかなり高度な技術・知識が必要ですが、WordPressではプラグインをインストールするだけで簡単に機能を実装することができます。

WordPress プラグインインストール画面

WordPressでは無数のプラグインが使える。


 

うちだ
うちだ
プラグインのほとんどが無料で使えるのもWordPressの魅力です。

無料ブログはカスタム性がない

一方、無料ブログにはカスタム性がほとんどありません。
無料ブログは、基本的に決められた枠の中でしかカスタマイズができず、自分好みのデザインでブログを作ることができません。
多少イジることができても、WordPressのようにブログのデザインそのものを変えるということはほぼ不可能です。
よって、デザインによるブランディングや他サイトとの差別化も難しくなります。

うちだ
うちだ
自分の意図としないところに広告が表示されることもあります。

 
ただの趣味ブログではなく、本気でお金を稼ごうと思っているのであれば、圧倒的に自由度の高いWordPressを選ぶべきです。

集客面

「WordPressはSEOに強い」と言われていますが、無料ブログと比べるとどうなのか。
短期的・長期的、2つのSEOの視点から見てみましょう。

短期的なSEO効果

ブログ開設初期のタイミングでは、無料ブログの方がSEO的に有利だと言われています。
それはなぜかというと、無料ブログはブログサービス会社のポータルサイトから、新着記事や人気ランキングなどといった良質な「被リンク」が得られるからです。
これが、初期の集客にはそれはもう役に立ちます。

うちだ
うちだ
WordPressではなんのリンクもない”ゼロ”の状態からスタートですからね…。

 
また、「ドメインの運用期間」の長さもブログ開設初期のSEOに関わってきます。

ドメインは運用期間が長い方が検索エンジンから高評価を受けます。
無料ブログのドメインはブログサービス会社から提供される(借りる)もので、ブログサービス会社が過去にドメインを取得した時点から運用期間がカウントされています。

うちだ
うちだ
「ameblo.jp/xxx/」のように、ブログサービス会社のドメインの下にあなたのアドレスが割り当てられます。

 
つまり、無料ブログでは初めから一定の評価を得た(時間が経過した)ドメインを使ってブログを開設できるというわけです。

毎日多くのユーザーが、無料ブログのドメインから記事を公開しているため、クローラーの巡回頻度も高く、その分あなたのブログも情報収集されやすいというメリットもあります。

うちだ
うちだ
最初から有利な条件でスタートできるってわけですね。

長期的なSEO効果

一見、無料ブログの方がSEO的に良いところばかりに感じますが、一定の期間が過ぎるとこの差も次第に縮まってきます。

新規取得した独自ドメインのWordPressブログでも、検索エンジンから評価を得られるようになりますし、被リンクだって増えていきます。

開設初期は、無料ブログと比べクローラーの巡回頻度も低いですが、「Google Search Console(サーチコンソール)」の機能を使ってサイトマップ(.xml)を送信すれば、自分からクローラーに情報を提供して、インデックスを速めることができます。

また、WordPressの性能は多くのSEO専門家にも認められており、GoogleのSEO責任者マット・カッツ氏からも
「WordPressを選ぶことは、非常に良い選択だ」とお墨付きをもらっているほどです。

うちだ
うちだ
これだけでも、WordPressを選ぶ理由になりますね。

 
無料ブログ開設初期のSEO上のメリットは非常に魅力的ですが、それはあくまで初めだけです。
長期的なブログ運用を考えた場合、独自にSEO対策がとれるWordPressの方が総合的にメリットが多いと言えます。
 

スポンサーリンク

収益性

無料ブログではブログサービス側の広告が勝手に埋め込まれる

上の方でも少し書きましたが、無料ブログでは一番効果が高いとされるポジションに、ブログサービス側の広告が自動で埋め込まれてしまうため、その分私たちの手元に入る広告収入が減ってしまいます。

うちだ
うちだ
無料ブログ最大のデメリットですね。

 
例えば、ブログに表示されている広告のうち、半分が自分で設置した広告、もう半分がブログサービス側の広告だった場合、単純に広告収入の半分をブログサービス側に持っていかれる可能性があります。

うちだ
うちだ
売上50%を持っていかれるなんて、やってられないですよね。
ブログを商用利用(お金を稼ぐ目的でブログ運営)すること自体禁止しているブログサービスもあります。
無料ブログで運用を検討されている方は十分に注意しましょう。

 
当たり前ですが、WordPressではこういったブログサービス側の広告は一切表示されません。
お金を稼ぐことを目的としてブログを運用するのであれば、絶対にWordPressにすべきです。

ブログを削除される可能性がある

僕が無料ブログをオススメしない一番の理由がこれです。

ブログサービスの終了、または何かしらの規約違反を行ってしまった場合、一瞬でブログを削除される可能性があります。

せっかくコツコツ作り上げてきたブログが、一瞬にして無くなってしまうなんて悲しすぎますよね。
また、そういうリスクに怯えながらでは、楽しくブログを運用することもできません。

うちだ
うちだ
無料ブログには「アカウント凍結」「ブログ削除」のリスクが常に付きまといます。

 
WordPressには、このようなリスクは一切付きまといません。
ブログを作ってしまえば、自分の所有物として自由に運用できますし、規約に怯えることもありません。

WordPressで、あなたの資産となるブログをしっかり管理しましょう。

移転のしやすさ

番外編のような感じですが、ブログを移転する際もWordPressと無料ブログでそれぞれメリット・デメリットがあります。

WordPressは移転が簡単

サーバー会社を変更する際、WordPressブログを移転する方法はとても簡単です。
各WordPressファイルを新しいサーバーにインポートする。これだけです。
WordPressは世界共通のシステムなので、基本的にどこでも動きます。

無料ブログは移転が大変なだけじゃない

無料ブログの移転は簡単にできるものじゃありません。
まず、記事などのデータ。これらのデータファイル形式は移転先のものとは異なるため、いざ移転するとなると複雑な作業が必要です。
なんとか移転できたとしても、そこから全ての記事を手作業で再登録しなければいけないこともあります。

うちだ
うちだ
気が遠くなりますね…。

 
また、データの移転よりももっと大変な作業があります。
それは、移転前の無料ブログで手に入れたGoogleからの評価の引き継ぎです。

今までは、ブログサービスからドメインを間借りしていましたが、移転するということは他のドメインに変わるということ。
つまり、Google側から見れば立派なドメイン変更なわけです。

WordPressのようにサーバーをレンタルしている場合なら、301リダイレクトでGoogleにドメインの移転を知らせることができますが、無料ブログの間借りドメインにはこれがありません。

「Googleからの評価は諦めるから、新しいブログで前のブログの記事を再アップしよう。」という方もいるかもしれませんが、ここでさらに最悪なことが起こります。
それは、移転前の情報が優先されてしまい、移転先のブログはコピペサイトとしてGoogleからペナルティを受けてしまうということです。

つまり、もしあなたがアフィリエイトやWEB集客を始めるとき、まずは無料ブログでGoogleからの評価を集めて、その後WordPressに移転しようと考えているのなら、それは考え直した方が良いです。

無料ブログは、このことを理解したうえで選択してください。
 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「WordPress」と「無料ブログ」を徹底比較してみました。

僕が強くWordPressをオススメする理由も分かっていただけましたでしょうか。

ブログはあなたの資産になります。
単に趣味の一環としてブログを始めるならともかく、本気でアフィリエイトやWEB集客を成功させたいんなら、断然WordPressを選ぶべきです。